経営者が悩む承継とm&a

事業間で行われるm&aの内容

m&aは事業間で行われる取引として多くの企業で行われていますが、義業全体の譲渡よりも一般的には一事業所の譲渡であったり、資本提携などが多く行われているとされています。幅広い範囲でm&aは行われているのです。

m&aの仲介業者の特徴まとめ

独自のネットワークで検索

売り手側である企業の相手を探す際にm&aの仲介業者では独自のネットワークを利用して依頼企業の要望をしっかりと叶えてくれます。また同時にいくつもの企業にアプローチを掛ける仲介業者もいます。

専門・一部業種に強い

仲介業者には業種を絞ってマッチングさせることに長けている業者もいます。このよう業者であれば、同業種間でのやり取りも行いやすくと互いのメリットになりやすいです。

仲介料金を取らない

本来、仲介手数料やデューデリジェンスなどの料金が掛かることの多いm&aの仲介業者ですが、中にはこうした費用が掛からない業者も存在しています。コストに気を使っている企業にオススメですね。

密着してサポート

企業の経営に親身になって接してくれる業者は多くの企業から評判があります。またサポート体勢もしっかりとしているので、相談や依頼しても安心できるのです。

小さな相談にも応じる

経営が傾き始めて再編したい、資金繰りが辛くなってきた、などの相談にもm&aの仲介業者はきちんと対応しています。電話やメールによる問い合わせも可能になっているのでまずは相談してみましょう。

承継とm&a

握手

従業員への承継

経営者から従業員へ事業の承継を行なう場合、今までその事業に携わっていたため業務や状況を初めから熟知していることが利点になります。しかし、現状が維持されてしまう可能性も大きいので劇的な変化はないでしょう。

第三者へのm&a取引

m&aを利用して第三者に事業を譲渡すれば経営者の収益になりますが、従業員が譲渡された企業でどのような扱いになるのかまで把握する事が出来ない部分があるのです。

最善の方法

m&aで事業承継を行なうのなら従業員の扱いなどに条件を決めて交渉することが望ましいです。また従業員に事業を承継する場合には、その従業員を信じて経営を任せるのが一番です。またマニュアルや計画書を用意しておくといいでしょう。